KeiganALIは走行可能な範囲をセンサーで検知し判断します。

走行不可領域の設定を行うと、マップ上で走行させたくない領域の指定が可能です。

走行してほしくない場所がある場合は、「マップの編集」→「走行不可領域」で設定ください。

特に以下のような場合は走行不可領域として下さい。

  • テーブル、デスク、椅子など、脚が飛び出している物体の近く
  • マップ作成が十分でない領域(形状が十分にスキャンされていない場合)

mceclip0.png